お問い合わせ TEL 052-444-0050

〒490-1111 愛知県あま市甚目寺畦田1番地

  1.   /  
  2.   /  リハビリテーションのご紹介

リハビリテーションのご紹介

リハビリテーション室

理学療法(PT)

理学療法とは病気やケガなどにより身体に障害を負った方々に対して、主に基本動作能力(起き上がる、座る、立つ、歩く等)に必要な運動能力の改善を「運動療法」「物理療法」を用い、治療することで 生活の質(QOL)の向上を図って行くことをいいます。

内容

  1. 退院後の生活を想定しての早期からの動作練習
  2. マンツーマンのリハビリを行います
  3. 患者様、ご家族様への自主トレーニング、介助方法や指導

運動療法

日常生活動作(ADL)を困難にしている原因(麻痺、筋力低下、関節運動制限など)を医学的に評価し運動により筋力、関節の動き、体力、バランス能力を向上させていきます。

 

 

 

物理療法

患者様の状態に合わせて筋力強化、痛みの軽減・筋緊張の緩和を目的として、電気、温熱、寒冷、牽引など物理的なエネルギーを利用した治療方法です。

 

作業療法(OT)

食べたり、入浴したり、人の日常生活に関わるすべての諸活動を「作業」と呼んでいます。
作業療法では、基本的な運動能力から応用的な動作能力、社会の中に適応する能力までを維持・改善し「その人らしい」生活の獲得を目標にします。

  1. 基本的動作能力ー運動や感覚・知覚、心肺機能や精神・認知機能などの心身機能
  2. 応用的動作能力ー食事やトイレ、家事など日常で必要となる活動
  3. 社会的適応能力ー地域活動への参加、就労・就学

日常生活動作練習 ADL・家事動作練習

自宅などの生活環境を想定して動作練習や各動作の適切な方法及び環境設定の検討・指導をすることで動作の獲得を目指します。

 

家事動作練習

また、調理・掃除・洗濯・外出・買い物などの日常生活、社会生活の中で必要とされる動作の練習を行い、患者様に適した方法や環境設定のアドバイスを行います。

 

高次脳機能障害のリハビリテーション

高次脳機能障害とは、脳出血・脳梗塞などの病気や事故による頭部外傷によって脳に損傷を受けたときの後遺症の1つです。
高次脳機能障害の主な症状として、記憶ができない・言葉が出ない・集中できない、 計画的に行動できない・人間関係をうまく作れないなどがあり、いくつかの症状が影響し合うことがあります。
作業療法では、医学的評価や動作を観察することで患者様の高次脳機能障害を分析し患者様に合わせた治療(機能回復や残存能力の活用、生活障害の改善に向けた環境調整)を行うことで、家庭・職場・学校などへの復帰を支援します。

 

 

手のリハビリテーション

手・前腕・上肢の外傷や炎症疾患などの患者様に対して物理療法、徒手療法、自主練習の指導などを行うことで、障害された手の機能回復を目指すとともに「生活する・出来る手(useful hand)」としての能力の拡大を図ります。

 

地域医療連携室のページに戻る

to top