お問い合わせ TEL 052-444-0050

〒490-1111 愛知県あま市甚目寺畦田1番地

  1.   /  
  2.   /  嚥下リハビリのご紹介

嚥下リハビリのご紹介

お口から食べるよろこびを

  • 食べたり飲み込んだりが、難しくなっていませんか?
  • 食事中に、むせこんだりしていませんか?
  • 食べることを、あきらめている人はいませんか?

お口から、食べたり飲んだりすることが、うまくできなくなることを、
摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害」といいます。

当院では、「摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害」でお悩みの方へ、評価と食形態調整やリハビリテーションを、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・摂食嚥下障害看護の認定看護師のチームで行っています。

当院での評価は、嚥下(えんげ)スクリーニングテスト、耳鼻科医による嚥下(えんげ)内視鏡、嚥下(えんげ)造影検査を行っています。

嚥下造影検査とは、レントゲンをあてながら、バリウムの入った検査用食品を、実際にお口から食べていただいて、お口から食べる機能に異常がないかを調べる検査です。

近年は誤嚥性(ごえんせい)肺炎というだけで、食事を禁止されている事例も多く、食べるチャンスを無くしてしまった方がいらっしゃいます。

私たちは、ひとりでも多くの方が、自身のお口から食べられるようになることを、あきらめません。

一口でもお口から食べられるような方法を検討し、お口から食べ続けるサポートに力を入れた取り組み、『食べるためのリハビリ』を行っています。

認定看護師による『飲み込み・食べる相談窓口』

摂食嚥下障害看護認定看護師による『飲み込み・食べる相談』を実施しています。
相談料は無料、毎週水曜日 受付時間は13:00 〜 15:00です。
ご相談の際には、地域医療連携室までお尋ねください。

地域医療連携室のページに戻る

to top