お問い合わせ TEL 052-444-0050

〒490-1111 愛知県あま市甚目寺畦田1番地

  1.   /  
  2.   /  消化器外科診療について

受付時間

月曜日から金曜日
午前8時30分~午前11時30分
午後は診療科により異なります。
(土日祝日・年末年始を除く)

外来診療時間(PDF)

交通アクセス

〒490-1111
愛知県あま市甚目寺畦田1番地
名鉄津島線 甚目寺駅 徒歩7分

消化器外科診療について

  • 登録日 2015/6/8 19:26
外科 赤毛 義実

あま市民病院の消化器外科を充実させるために、この4月から、名古屋市立大学消化器外科学教室より赴任して参りました。名古屋市立大学病院では上部消化管、特に胃癌を中心に研究と診療を担当していました。

日本人に胃癌が多い事もあり、胃癌の研究および診断・治療においては、日本が世界をリードしております。胃内視鏡検査を確立したのも日本の消化器内科であり、胃癌の標準手術を確立したのも日本の消化器外科医です。胃癌になっても日本では、ほぼ安全に標準的な胃全摘術を受けられますが、一方欧米では、日本でいう標準的な胃全摘術を受けると、かなりの確立で合併症が起こり、手術関連死亡が5%を越す大変な手術になります。それで欧米では胃癌の手術で大切なリンパ節の隔清を省く傾向にあり、術後の5年生存率をみても日本が優っています。胃癌というと不治の病というイメージがありますが、早期癌で病理学的にリンパ節転移がなければ、5年生存率は98%ぐらいであり、怖がる必要はありません。早期癌のうちに治療できるよう、一度検診をお勧めします。

あま市民病院では、消化器外科全般の診断と治療を担当させて頂きますが、世界水準を見据えて診療して行くつもりです。我々が担当する疾患は、癌が中心になると考えています。癌は昭和56年からわが国の死亡原因の1位になり、国民の健康にとって重大な問題となっていますし、今後も高齢者を中心に増加する傾向が続くと考えられます。癌の罹患率をみると、男性では1位が胃癌・2位が大腸癌・3位が肺癌であり、女性では1位が乳癌・2位が胃癌・3位が大腸癌となっています。癌の中でも消化器癌の占める比率が高く、我々消化器外科医が必要とされています。中でも大腸癌は近年増加傾向にあり注意が必要な疾患だと考えています。

我々消化器外科医は、あま市民病院で全国レベルの診療および手術が出来るようにと赴任してまいりました。あま市民病院で手術を受けて良かった、あま市民病院で診てもらって良かったと、受診された患者さんみなさんに思われるように努力を惜しまない積もりです。あま市民の皆さんの健康管理に貢献できて、初めて消化器外科を充実させた目的が達せられると考えていますので、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

to top